サイバーレディネス協会の歴史

CRIは2017年の7月に設立されました。設立者はサーバーセキュリティ業界の上級幹部で、国家サイバー セキュリティ強化委員会に従事していました。同委員会は独立した超党派委員会で、2016年に、デジタル経済の安全の確保、次期政権へのロードマップ提供のための推奨事項作成を担当しました。CRI創設時の目的は委員会報告書の推奨事項のフォローアップで、同報告書は、グローバルバリュー チェーンのセキュリティのために中小企業の強靭さと準備を向上させる、規範のような形で、アクセス可能で、無料であるコンテンツとツールの開発を目指し、特に中小企業に焦点を当てていました。

The Cyber Readiness Institute

CRIは、CGE(Center for Global Enterprise)によって運営される新たな試みであり、共に非営利組織で超党派の団体でもある、CGEとCREATe.org(the Center for Responsible Enterprise and Trade)の支援を受けています。

Global Enterprise Logo

CGE(the Center for Global Enterprise)

CGEは、グローバル経営の最良事例や、現代企業とその社会に対する影響を研究する機関です。CEGはクリストファー・ケイン(Christopher Caine)氏が率いています。

詳細

リーダーシップ

サイバーレディネス協会を支えるエキスパートたちに会う
もっと見る

メンバーシップ

実用的なサイバーレディネスを企業に提供するための活動に参加する
もっと見る